2017-10- / 09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'06.10 (Sun)

悪い知らせ ☆

小さなチョコたん☆
<つぶらな瞳のちっちゃなチョコたん 2004年1月25日撮影 チョコ9ヶ月>

昨年の6月8日の事です。

昨日の教授の説明に、チョコの為に今私達家族に何が出来るのかを一晩中考え一睡も出来ませんでした。
夜が白々と明けてくると、窓から十字架のようなものが見えました。今は使われていない教会だったようです。
今は、あらゆる神仏に手を合わせている私なので、この日から十字架に向かい毎日お祈りをしチョコの回復を願っていました。
家ではチョコたんの写真と携帯電話をテーブルの上に置き、悪い知らせが入らないようにと願っていました。

そんな家族の願いもむなしく、朝病院からの電話が入りました。
チョコへの治療効果が思わしくなく、依然危険な状態に変わらないとの事でした。
私達はすぐに面会の許可を取り、大学病院へ駆けつけました。
今朝仕事の為に地元に帰った長女にも知らせ、すぐにチョコの元へ駆けつける手はずを整えました。

病院でのチョコは、あの小さな体に沢山のチューブを付けられ辛そうにケージに入っていました。
私達は教授と担当医にチョコ日誌を見せながら、これまでの事を説明しました。
途中何度も涙で言葉が詰まりましたが、聞いていただきたくて必死に話しました。

2010年9月 虚勢と会陰ヘルニアの手術
2010年10月 前立腺のう胞の緊急手術  
虚勢と会陰ヘルニアの術後のエコーで小さかったのう胞がその10日あまり後に巨大化し、緊急手術をする事になった事。
手術で大量の薄緑の液体が出たことをお話しすると教授は菌が入ったのだと説明してくださいました。
菌が何時、何処で、どうして入ったのかは今もわかりません。
ただ、1日に最高でうんちを31回、しっこを48回トイレに行っても出ない日もあり苦しむチョコたんを何度も主治医の病院に連れて行きましたが、緊急手術のその日までのう胞が巨大化していることはわかりませんでした。

この時から、前立腺のう胞と言う病気と向き合う事になりました。

悲しみに打ちひしがれている家族に教授は、レントゲン検査の結果肺のくもりが少し良くなったと言われその写真を見せて下さいました。
私は、この子の助かる率は1~2%ですか?と思い切って聞いてみました。
教授は1~2%じゃあないですよと答えて下さったので、私達はその言葉に希望を持ちました。

家から持ってきたチョコたんお気に入りの新幹線くんのタオルをケージに敷いて頂いて、神社で頂いたお守りをケージに付ける許可も頂きました。
私は悲しすぎて手が震え、なかなかお守りをケージに付けることが出来なかった事を思い出します。

私達家族は、教授の言葉にチョコの身に明日起こるかも知れない奇跡を信じようと話し合いました。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

虹の橋のチョコたんにポチッとオネガイします♪♪


スポンサーサイト
18:37  |  ペット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント:を投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント:投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://1212mc.blog.fc2.com/tb.php/226-572e40a0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。