2017-06- / 05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'06.05 (Tue)

深夜の緊急入院☆

チョコたんお気に入りの場所☆
<お家の和室前のチョコたん 2004年7月9日撮影 チョコ1歳2ヶ月>

昨年の6月4日の事です。

昨夜から、尿が出ておらず、両手で支えて立たせようやく1日分の量が出たのは、4日に日付が変わった午前3時近くでした。一時的に体温も下がり毛布で包み必死で温めました。そのうち、呼吸が荒くなり、今にも息が止まりそうに思えた私達はこれ以上の猶予はならないと感じ主治医に連絡、隣接する市にある病院まで車を飛ばしました。
車中でも2度も吐くチョコたんに、私達の心は不安で凍りつくようでした。

病院に着いてすぐ血液の検査。心配していたじん臓は異常ないとの事に一安心。
前回より多めに入れたオイルによるアレルギー反応か?と言われました。
(オイルの量の事は初耳でした)
のう胞の方は、大きくなってないとの事でほっとしました。
でも、診察台で震えが止まらないチョコたんを見ると可哀想で仕方がなかったです。

大丈夫とは言えない状態と言われ入院をする事になり、チョコたんを預け病院を出ると猛烈な雨と雷。
ところが、私達の住む市に入るとぴたっと止んでいました。
雨と晴れとの境を車で通った私達は何かいやな感じを受けましたが、それよりもあのカミナリ大嫌いのチョコたんを一人ぽっちでいさせる事の方が心配でした。

午後に面会に行きました。
麻酔をかけて中に少しオイルを残した状態で抜いたとの主治医の報告。
レントゲンで心臓の異常がなかったので少し安心しました。

ケージの中のチョコたんは、私達を見て立ち上がりました。きっと迎えに来てくれたのかと思ったのでしょう。
鼻水がたれていたのを娘が見つけ、ティッシュでそっと拭いてあげました。チョコたんのつぶらな瞳がじっと私達を見つめていたのを今でもはっきりと憶えています。
チョコたんがとても愛おしくて、私達はこぼれ落ちそうになる涙をこらえるのに必死でした。

明日になれば、チョコたんが今より良くなっていてくれる事を皆で願っていました。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

虹の橋のチョコたんにポチッとオネガイします♪♪



スポンサーサイト
01:06  |  ペット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント:を投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント:投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://1212mc.blog.fc2.com/tb.php/222-98fae990

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。